マリーンカップ回顧-ラーゴブルー南関の意地を見せる完勝!

マリーンカップでした。ラーゴブルーがみごとな競馬でアイアンテーラー・リエノテソーロを抑えて完勝。交流重賞初制覇を決めました。南関東所属の馬としてはトーセンジョウオー以来実に12年ぶりの快挙でした。

◎アイアンテーラー→2着
◯ラーゴブルー→👑優勝
▲リエノテソーロ→3着

なかなか良い予想ができた気がします。嬉しい

レース自体は今日はスタートからうまく逃げれたアイアンテーラーのペース。それをリエノテソーロ・ラーゴブルーが追う格好になりました。オウケンビリーヴは「ゲート入りの際に突進して故障を発症したため、競走除外」したとのことで、上位3頭の真っ向勝負という形になりましたね。

それぞれが自分の形でレースを進められた中で、ラーゴブルーがしっかり交わしたのは高評価できます。次走使いどころがどこになるか迷えるところですが、今年初戦ですし、7月のスパーキングレディーが夏までの大目標という感じになるんでしょうかね。小数頭になった今走とは違いまた難しいとは思いますが今後の走りを気にしておきたいところです。と

ラーゴブルー自身は未勝利脱出できずに南関移籍。そこから力をつけて中央の重賞馬にリベンジを果たすという一つの大きな目標を突破できたかと思います。これからに期待です。

アイアンテーラーは正直この相手関係ならしっかり勝って欲しかった。勝ちパターンでレースができていただけに、ちょっと割引ですね。まあ休み明けは走らないタイプなので次走を見て判断でしょうか。

リエノテソーロはうーんやっぱりいい時の走りではないですね。ちょっと出口と解決の糸口が見えないです。次走は買うのを控えたいかな。。

次走の期待馬

ラーゴブルー

中央馬が出てこない南関重賞なら勝ち負けでしょうね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です