天皇賞春とゴールドシップ 3度目の正直

さあステイヤーの頂上決戦。天皇賞春です。

天皇賞春の思い出といえばなんですかね。ということで3度目の挑戦でタイトルを手にしたゴールドシップです。

ゴールドシップといえば ステイゴールド産駒のクラシック二冠馬で、その暴れっぷりはオルフェが可愛く見えるほどでした。 そんなゴールドシップの天皇賞春にかけたお話です、

1度目の挑戦

前年度の皐月賞・菊花賞のクラシック二冠。そして有馬記念で古馬を撃破して文句なしの最優秀3歳牡馬。前走の阪神大賞典も完勝し、ステイゴールド産駒で長距離も問題なくこなせるスタミナから文句なしの1番人気に推されます。

しかしレースでは直線伸びを欠きまさかのフェノーメノの5着。 これまで順風満帆の強キャラとして競馬界に君臨しつつあったゴールドシップに暗雲が立ち込めるとともに、ゴルシとして愛されるようになってきたのはこの時から次第にって感じがします。

2度目の挑戦

前年秋はジャパンカップ大敗など精彩を欠いたものの、暮れの有馬記念ではオルフェーヴルの3着好走、明けて阪神大賞典を完勝し連覇と立て直しには成功したように思えたゴールドシップ。
当然天皇賞でも2番人気とファンはその復活に期待をかけていたわけだけども。 結果はゲートの中でも怒り狂って出遅れた影響もあり伸びを欠いて7着。フェノーメノの連覇の陰でひっそりゴール。

係員がゴルシのお尻を触ったかなんかで怒ったようですが、真相はゴルシのみが知るところです。ほんとに走って見なければわからない馬でした。

3度目の挑戦

そしてやってきた3度目の天皇賞。所詮はなぜかAJCCに出走しまさかの大敗。一抹の不安を覚えるも、阪神大賞典をしっかり勝って三連覇。やっぱりゴルシは強いんだ!と思わせたところで、問題の天皇賞。
明らかに得意舞台なはずなのに、これまで勝てなかったのは何故か…と思わせるほどの強さで、ゴールドシップの代名詞とも言える長距離の舞台でまくりの競馬。めちゃくちゃ強くて、これぞゴールドシップ!というレースでした。

ほんとに無尽蔵とも言える超絶なスタミナにものを言わせて、中盤から足を伸ばして最後まで走り続ける。それを天皇賞の舞台でやっちゃうんだから、規格外な馬だったなと今になって思います。

ゴールドシップが引退してもう3年あまり。

あれほどまでに個性が光る馬はまだ出てきていないです。あの頃が僕にとっての黄金時代だったな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です