東京プリンセス賞 予想(南関S1)

南関東競馬牝馬三冠レースの第2弾、東京プリンセス賞です。1戦目の浦和桜花賞はトーセンガーネットが圧倒的な強さで勝ちをさらって行きましたが、この2戦目はどうなるでしょうか。

予想

コースの形態も距離も違うので、桜花賞から直結しづらいと言われていますが、今年は上位の馬で決まるんじゃないかと思ってます。特に上位二頭は強いです。

◎トーセンガーネット

もう当然のごとくです。内枠で有利に進められたとはいえ、とはいえ、1.5秒差の圧勝はもう話にならない強さ。ここを勝って是非とも牝馬三冠取ってほしいですね(東京ダービー行きそうな気はするけど)

◯アークヴィグラス

桜花賞は3着でしたが、2着との差は枠の差かなという感じがします。どう考えても外枠不利な舞台だったので。今回も外目の枠ですが大井ですし、元々後方からの馬なのでその辺は気にしなくていいでしょう。展開によっては逆転もあると思います。

正直この2頭の勝負かなと思ってます。あえてあげるなら

☆リトミックグルーヴ

先行力のあるこの馬の粘りこみがもしかしたらあるかもしれない…くらいですかね。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です