南関クラシック初戦!羽田盃(S1)の予想

羽田盃です!

京浜盃組は果たしてどうなるのかな。実際京浜盃1着馬が過去10年で5勝。2着馬が2勝、着外の馬が1勝と断然京浜盃組が強い。

一方同じくトライアルとして位置付けられているクラウンカップは過去10年勝ちなしともはやトライアルとしての価値なしといった感じ?実際京浜盃勝てなくてクラウンカップに出てくる馬も多いからね。一段劣る印象になるのはしょうがない。

そして、今年から重賞に昇格した雲取賞はどうかというと、1.1.1.33と元々準重賞だったことを考えると中々な成績。今年は当のミューチャリーが雲取賞から直行です。

◎ウィンターフェル

京浜盃ではステッペンウルフに交わされましたが、実力では負けてないと思いますし、逆転はあるかと思います。

◯サクセッサー

ここ3戦ホールドユアハンドの2着が続いています。そのホールドユアハンドは京浜盃で12着惨敗してます。が、それほど上位陣と差はないと思うんですよねーどうもねー。なんで、そのホールドユアハンドと競り合えるサクセッサーは結構戦えるんじゃないかなと思ってます。

▲ステッペンウルフ

やっぱり京浜盃1着馬は大事にしないと。ロングスパート気味の前走は中々強烈でした。

消ミューチャリー

ちょっと人気に逆らってみようと思います。こういう勘はだいたい当たらないんだよなー。勝たれたらしょうがないの精神で。ただなんかいまいちピンとこないんですよねー。

今回はほんとに自信ないな。◎◯▲の馬単ボックスで。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です