桜花賞の見所と予想

牝馬クラシック初戦、桜花賞です!
昨年はチューリップ賞を勝って万全の体制で挑む2歳女王ラッキーライラックとシンザン記念から直行のアーモンドアイの2頭の争いになりましたが、今年もハイレベルなレースが見られそうです。

注目馬

真っ二つに人気が割れています。ダノンファンタジーとグランアレグリア。夕方時点では全く並んでいたと聞いていましたが、現時点ではグランアレグリアがやや優勢のようです。さて注目馬と各馬の見所について。

ダノンファンタジー

注目の2歳女王ダノンファンタジー。新馬戦ではグランアレグリアの2着に敗れましたが、そこから負けなしの4連勝でここ桜花賞に歩を進めています。阪神JFで見せたような最後方からの追い込みの競馬もできますし、好位につけて抜け出す横綱相撲の競馬も取れる自在性の高い馬です。
唯一の敗戦となったグランアレグリアとの新馬戦。ここでその借りを返すことができるのか注目です!

グランアレグリア

ダノンファンタジーに唯一先着したことのあるグランアレグリア。その後朝日杯FSに向かったため再戦はここ桜花賞までお預けとなりましたが、果たしてその後の成長がいかがなものか。
朝日杯では自分の競馬に持ち込見ましたが、アドマイヤマーズに屈して3着。牝馬ながら混合レースに参加し、負けはしたものの世代上位の力は示しました。臨戦過程としてはトライアルを使わなかったのでぶっつけとなる点が少々不安なことと、美浦の所属なので遠征が繊細な3歳牝馬としては少し心配です。
ただ、天栄でしっかり乗り込んできているでしょうし、ダノンファンタジーとの再戦に期待が高まります。

クロノジェネシス

世代屈指のキレのある末脚の持ち主。パゴ産駒と聞いて驚き。阪神JFではダノンファンタジーとほぼ一緒に動き出して及ばずの2着。トライアルの前走クイーンCでは中団につける格好でしっかり差し切り、ビーチサンバの追撃もしのぎ完勝。逆転のチャンスは十分にあります。

ビーチサンバ

阪神JF3着、クイーンカップ2着と、ダノンファンタジー・クロノジェンシスに次ぐ実力馬。
近走勝ちには恵まれていませんがきっちり馬券内をキープ。実力をアピールしています。クロノジェネシス同様逆転の目はまだまだあります。

シゲルピンクダイヤ

チューリップ賞2着馬。最後方から一気の追い込みで2着に食い込みました。シゲルの馬がG1に参戦するのはめちゃくちゃ久々というかこれまであったのですかね。そういった意味でも楽しみな存在です。

アクアミラビリス

エルフィンSを完勝してここに挑みます。臨戦過程としてはアーモンドアイに似ていますね。ここまではグリーンウッドにいたようですね。末脚爆発に期待です。

予想

◎ダノンファンタジー
◎グランアレグリア
◯クロノジェネシス
△ビーチサンバ
△アクアミラビリス
△シェーングランツ

あまり強い先行馬がいないので、グランアレグリア有利な展開にはなるんじゃないかと思います。もちろん前目で競馬ができるダノンファンタジーも。ただ、桜花賞といえばディープ産駒が活躍しているように、切れ味が問われるレースでもあるので、◯△の強い末脚をもつ馬を入れています。
買い目としては、

◎◎◯→◯△の三連複フォーメーションとかが良さげですね。
あとは△のワイドとかも面白いかも。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です