東京スプリント(JpnⅢ)予想

春の名物南関スプリント重賞、東京スプリントです!藤田菜七子騎乗のコパノキッキングが注目を集めていますが、それ以外のメンツもかなり硬派楽しみなレースになりそうですね。

◎コパノキッキング

ナナコ初重賞もかなり確率高いんじゃないですか?前日オッズは2.0倍の1番人気とかなり人気も集まっています。戦績的にも頭ひとつ抜けている感じします。根岸Sで騎乗していたマーフィーJが言っていたように、本質的にはスプリンターで、フェブラリーSのマイルはちょっと長いと感じました。そこからの距離短縮は歓迎で、ここは本命として差し支えないかと思います。

JRA勢が過去5年全勝。馬券内もほぼキープ。かつ1番人気の勝率は60%とかなり好条件。女性初の重賞勝利に向けて視界良好と言ったところです!

◯ホウショウナウ

JRAの4歳上がり馬のホウショウナウ。昨年のユニコーンSではルヴァンスレーヴの4着に入っている実力馬です。負けてるのが1600m戦とわかりやすくそれより短い距離は全勝と来ているのもポイント高めです。コパノキッキングに勝つとしたらこの馬じゃないかなと思います。

▲アシャカダイキ

3番手はアシャカダイキ。前日オッズでは離された人気になっていますが、まあもうちょっとオッズはさがるでしょう。前走久々に勝利を納めていますし、短距離でならして来ているのでノーチャンスとは思えないです。

△ヒロシゲゴールド

ホウショウナウと同じく強いJRA4歳馬。3連勝の勢いままに重賞挑戦です。
先行有利なダートスプリントなので、自前の先行力を生かせればここも勝ち切ってもおかしくないです。

△キタサンミカヅキ

これまで55戦も走って来た歴戦の猛者。昨年も当レース2着。秋のスプリント重賞東京盃1着、JBCスプリント3着と、年齢関係なく走って来ます。今年初戦の根岸Sはいいところなく再開完敗でしたが、得意な大井の舞台なら巻き返しも十分ありえます。

ちなみに

今回出走するゴーディー(11歳)はアングロアラブの血を12.5%を引いています。それもアラブの魔女と呼ばれ、あまりの強さに出走馬が次々回避し競走不成立に至ったという逸話を持つイナリトウザイの血を引いています。その強さはサラブレッドにも匹敵するほどで、当時のレコードを更新するタイムで東京盃を制したほど。そんな伝説のアラブの血を引くのがゴーディーです。さすがに11歳、どこまで通用するかはわかりませんが、そういう珍しい血統が生き残っているのも地方競馬の魅力ですねー





1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です